三井住友海上あいおい生命
先進医療ナビTOP先進医療の基礎知識先進医療を探す 本サイトに関するお問い合わせ監修者の紹介
先進医療検索ナビ サイトマップ
先進医療ナビ 先進医療を探す
基本情報
先進医療技術名

術前のTS−1内服投与、パクリタキセル静脈内および腹腔内投与ならびに術後のパクリタキセル静脈内および腹腔内投与の併用療法 *
(じゅつぜんのてぃーえす−わんないふくとうよ、ぱくりたきせるじょうみゃくないおよびふくくうないとうよならびにじゅつごのぱくりたきせるじょうみゃくないおよびふくくうないとうよのへいようりょうほう)

適応症

根治切除が可能な漿膜(しょうまく)浸潤を伴う胃がん(洗浄細胞診により、がん細胞の存在が認められないものに限る。)

療養内容 胃がんが進行して、漿膜(胃の一番外側の膜)を越えて胃の表面にがんが広がっているものの、肝臓や肺などの臓器に転移が認められない場合は、手術でがんを取り除き、手術後に抗がん薬を内服するのが一般的です。しかし、がんが再発することがあり、なかでも腹膜(腹部の臓器を覆う膜)への再発が多く見られます。
がんが胃の表面に広がると、小さながん細胞が腹腔(腹膜で覆われた空間)へこぼれ落ち、最終的に腹膜に付着して、大きく広がることがあります。腹膜にがんが再発する原因の一つとして、検査ではわからないほどの小さな転移が、手術前にすでに腹膜に生じている可能性が指摘されています。
この先進医療は、胃がんの患者さんに対して、手術の前後に「TS−1(S−1)」や「パクリタキセル」という抗がん薬を投与するものです。対象となるのは、胃の表面にがんが広がっているものの、他の臓器への転移が認められず、手術によるがんの切除が可能な場合です。
まず手術前に、21日間を1コースとし、TS−1を1日当たり80mg/m 、14日間内服し、7日間休薬します。パクリタキセルは、第1日目と第8日目に50mg/mを静脈内に投与、20mg/mを腹腔内に投与します。これらを3コース行ったあとで、42日以内(遅くとも56日以内)に手術を実施します。手術後は、21日間を1コースとし、パクリタキセルを第1日目と第8日目に50mg/mを静脈内に投与、20mg/mを腹腔内に投与する治療を3コース行います。
手術の前後に腹腔内に直接抗がん薬を投与することで、すでに腹膜に生じている可能性のある小さな転移を縮小・消失してから手術を行うことができますし、手術後の腹膜へのがんの再発を防ぐ効果も期待されます。
療養の分類 薬物療法
部位の分類 消化器系
悪性腫瘍(がん)の分類 消化器系のがん


実施医療機関
 
都道府県 医療機関名 所在地 電話番号
東京都 帝京大学医学部附属病院 〒173-8606
板橋区加賀2-11-1
03-3964-1211
  東邦大学医療センター大森病院 〒143-8541
大田区大森西6-11-1
03-3762-4151
神奈川県 関東労災病院 〒211-8510
川崎市中原区木月住吉町1-1
044-411-3131
新潟県 新潟県立がんセンター新潟病院 〒951-8566
新潟市中央区川岸町2-15-3
025-266-5111
福井県 福井大学医学部附属病院 〒910-1193
吉田郡永平寺町松岡下合月23-3
0776-61-3111
愛知県 愛知県がんセンター中央病院 〒464-8681
名古屋市千種区鹿子殿1-1
052-762-6111
  愛知医科大学病院 〒480-1195
長久手市岩作雁又1-1
0561-62-3311
  名古屋大学医学部附属病院 〒466-8560
名古屋市昭和区鶴舞町65
052-741-2111
京都府   独立行政法人国立病院機構
京都医療センター
〒612-8555
京都市伏見区深草向畑町1-1
075-641-9161
大阪府 近畿大学医学部附属病院 〒589-8511
大阪狭山市大野東377-2
072-366-0221
  大阪警察病院 〒543-0035
大阪市天王寺区北山町10-31
06-6771-6051
  堺市立総合医療センター 〒593-8304
堺市西区家原寺町1-1-1
072-272-1199
兵庫県   関西労災病院 〒660-8511
尼崎市稲葉荘3-1-69
06-6416-1221
鹿児島県 鹿児島大学病院 〒890-8520
鹿児島市桜ヶ丘8-35-1
099-275-5111
ページトップへ
先進医療の分類に戻る前のページ