&LIFE 新医療保険Aプレミア &LIFE 新医療保険Aプレミア

入院・手術だけでなく、生活習慣病・ガン・女性疾病・介護等も手厚くサポート

※「&LIFE 新医療保険Aプレミア」は「低・無解約返戻金選択型医療保険(18) 無配当」の販売名称です。

ご契約例
  • &LIFE 新医療保険 A エース プレミア
  • 解約返戻金の型:払込期間中無解約返戻金型
  • 支払限度の型:60日型
  • 保険期間・保険料払込期間:終身
  • 入院給付金日額:5,000円
  • 手術給付金の型:手術U型
主契約
  • 災害入院給付金(日額5,000円)
  • 疾病入院給付金(日額5,000円)
  • 手術給付金(手術U型:入院中の手術10万円、外来での手術 2.5万円)
  • 放射線治療給付金(5万円)
  • 集中治療給付金(10万円)
特約(オプション)
  • 先進医療特約(無解約返戻金型):技術料と交通費・宿泊費
  • 通院給付特約(無解約返戻金型)(18) 主契約の入院給付金日額と同額:5,000円
  • ガン診断給付特約(無解約返戻金型)(18) ガン診断給付金額:100万円
  • ガン治療通院給付特約(無解約返戻金型) 主契約の入院給付金額と同額:5,000円
  • 抗ガン剤治療給付特約(無解約返戻金型)(18) 抗ガン剤治療給付金月額:10万円
  • 三大疾病入院一時給付特約(無解約返戻金型)(18) 三大疾病入院一時給付金額:50万円
  • 終身介護保障特約(無解約返戻金型)(18)
    終身年金・介護障害年金額:60万円 介護障害一時金2倍型
    認知症一時金給付特則付 認知症一時金:50万円
  • 女性疾病給付特約(無解約返戻金型)(18):女性疾病入院給付金日額:5,000円
  • 女性サポート給付金付ガン診断給付特約
  • 新保険料払込免除特約
  • ※通院給付特約(無解約返戻金型)(18)とガン治療通院給付特約(無解約返戻金型)は同時に付加できません。
  • ※新保険料払込免除特約と女性サポート給付金付ガン診断給付特約は同時に付加できません。
  • ※女性疾病給付特約(無解約返戻金型)(18)・女性サポート給付金付ガン診断給付特約は、被保険者が女性の場合に付加できます。
オプション

三大疾病にしっかり備える

三大疾病入院一時給付特約(無解約返戻金型)(18)

ガン(上皮内ガンを含む)・心疾患・脳血管疾患で入院されたとき、 およびその後1年以上 経過してそれらの病気で入院されたとき、お受け取りいただけます。

ガン(上皮内ガンを含む)・心疾患・脳血管疾患で入院されたとき、

  • ※責任開始日からその日を含めて90日を経過した日の翌日をガン給付責任開始日として三大疾病入院一時給付特約(無解約返戻金型)(18)のガンに関する保障を開始します。
  • ※三大疾病入院一時給付金が支払われることとなった最終の入院の開始日からその日を含めて1年を経過した日の翌日に三大疾病により継続入院中の場合、1年を経過した日の翌日に入院を開始されたものとみなします。
  • ※三大疾病入院一時給付金が支払われることとなった最終の入院の開始日からその日を含めて1年以内に、再度三大疾病入院一時給付金のお支払事由に該当した場合、三大疾病入院一時給付金をお支払いできません。

もしものとき、保険料のお払込みが不要になります

新保険料払込免除特約 悪性新生物(ガン)注と診断確定されたとき、心疾患・脳血管疾患で入院されたとき、
保障はそのままで以後の保険料のお払込みが不要になります。

  • 注 責任開始期前を含めて初めて悪性新生物(ガン)にかかったと医師によって診断確定されたとき。上皮内ガン、皮膚の悪性黒色腫以外の皮膚ガンおよび責任開始日からその日を含めて90日以内に診断確定された乳ガンを除きます。
対象となる疾病の範囲

三大疾病入院一時給付特約(無解約返戻金型)(18)の保障対象となる疾病の範囲

オプション

介護や認知症にしっかり備える

終身介護保障特約(無解約返戻金型)(18)

病気やケガで、次の1〜3のいずれかに該当されたとき、介護障害年金・介護障害一時金をお受け取りいただけます。

  • ※第1回の介護障害年金のお支払事由に該当したときは、以後のこの特約の保険料のお払込みは不要になります。

年金の種類・一時金の型を

■介護障害年金
〈終身年金の場合〉 年単位の応当日に、お支払事由に該当している限り、一生涯年金をお受け取りいただけます。
  • ※第1回の介護障害年金のお支払事由に該当した日の年単位の応当日に、お支払事由に該当している限り、終身にわたって第2回以後の介護障害年金をお受け取りいただけます。
  • ※介護障害年金のお支払開始後、お支払事由から回復された場合には、以後の介護障害年金をお受け取りいただくことはできません。ただし、この特約の保険料のお払込みは不要です。なお、再度お支払事由に該当した場合には、介護障害年金をお受け取りいただけます。
〈5年確定年金の場合〉 年単位の応当日に、年金をお受け取りいただけます。(お支払回数は5回)
  • ※第1回の介護障害年金のお支払事由に該当した日の年単位の応当日に、第2回以後の介護障害年金をお受け取りいただけます。(お支払回数は5回)
  • ※介護障害年金を毎年受け取るのではなく、将来お支払いする年金の現価相当額を一括でお受け取りいただくことも可能です。なお、年金を一括して受け取る場合の金額は、毎年受け取る場合の受取総額よりも少なくなります。
  • ※当社所定の要件を満たす場合、1年分の介護障害年金を当社所定の回数(2、4、6、12回)に分割してお受け取りいただくことも可能です。
■介護障害一時金
第1回の介護障害年金のお支払事由に該当したとき、一時金の型に応じて一時金をお受け取りいただけます。
  • ※介護障害一時金は保険期間を通じて1回のお支払いを限度とします。

終身年金・介護障害年金額60万円・介護障害一時金2倍型の場合

認知症一時金給付特則

認知症一時金額:50万円の場合

注1 公的介護保険制度に定める要介護認定のめやす

要介護認定のめやす

注2 約款所定の生活介護状態
次のいずれかに該当した場合をいいます。
(1)
「日常生活動作表」の1〜5のうち2項目以上が全部介助または一部介助に該当する状態
(2)
器質性認知症と診断確定され、意識障害のない状態において見当識障害があり、かつ、他人の介護を要する状態
  • ※約款所定の生活介護状態の判定基準は、公的介護保険制度の要介護認定基準とは異なります。
日常生活動作表
項目 全部介助 一部介助
1.歩行
立った状態から、日常生活を遂行するうえで 必要な歩行ができるかどうか。
介助がなければ自分ではまったくできない。 何かにつかまっても、誰かに支えてもらっても 不可能な場合で、車椅子を使用しなければ ならない状態。寝たきりの場合を含みます。 補装具等を使用しても介助がなければ困難。
2.衣服の着脱
眼前に用意された衣服を着ることができ、かつ、脱ぐことができるかどうか。収納場所からの出し入れ等は含みません。
介助がなければ自分ではまったくできない。 衣服を工夫しても介助がなければ困難。
3.入浴
浴槽の出入りおよび洗身ができるかどうか。浴室への移動や衣服の着脱等は含みません。
介助がなければ自分ではまったくできない。 浴槽などを工夫しても介助がなければ困難。
4.食物の摂取
眼前に用意された食物を食べることができるか どうか。配膳や後片付け等は含みません。
介助がなければ自分ではまったくできない。 スプーン・フィーディング、経管栄養、胃瘻または 中心静脈栄養等の場合を含みます。 食器・食物等を工夫しても介助がなければ困難。切る、ほぐす、皮を剥く、骨をとる等の介助が必要な場合を含みます。
5.排泄
排泄および排泄後の後始末ができるかどうか。 トイレへの移動や衣服の着脱等は含みません。
介助がなければ自分ではまったくできない。排泄を常時おむつに依存している場合を含みます。 特別の器具を使用しても身体に触れて行う直接的な介助がなければ困難。
注3 約款所定の高度障害状態
  • ●両眼の視力をまったく永久に失ったもの
  • ●言語またはそしゃくの機能をまったく永久に失ったもの
  • ●両上肢とも、手関節以上で失ったか、またはその用をまったく永久に失ったもの
  • ●両下肢とも、足関節以上で失ったか、またはその用をまったく永久に失ったもの
  • ●1上肢を手関節以上で失い、かつ、1下肢を足関節以上で失ったか、またはその用をまったく永久に失ったもの
  • ●1上肢の用をまったく永久に失い、かつ、1下肢を足関節以上で失ったもの
  • ●中枢神経系・精神または胸腹部臓器に著しい障害を残し、終身常に介護を要するもの
注4 約款所定の認知症介護状態

認知症介護状態とは、器質性認知症と診断確定され、意識障害のない状態において見当識障害があり、かつ、他人の介護を要する状態をいいます。

Q公的介護保険制度のしくみは?

A公的介護保険制度のしくみは、以下のとおりです。

  • 公的介護保険制度は、すべての人が給付対象となるわけではありません。
    • 公的介護保険制度では、40歳未満の方は給付の対象外です。
    • 40歳以上の方は被保険者となり、保険料が徴収されますが、40歳以上65歳未満の方の給付は、脳血管疾患や初老期の認知症、関節リウマチ等、加齢に伴う16種類の特定疾病により介護や支援が必要と認められたときに限られます。

公的介護保険制度と年齢の関係

オプション

ガンや女性特有の病気、女性に多い病気による入院・手術等にしっかり備える

女性疾病給付特約(無解約返戻金型)(18)

「ガン(上皮内ガンを含む)」「女性特有の病気」「女性に多い病気」による 入院・手術・放射線治療を保障します。

女性疾病入院給付金日額:5,000円の場合

女性疾病入院給付金の支払限度日数
  • ●「1回の入院」の支払限度日数は、主契約の支払限度日数と同一です。ただし、主契約に八大疾病入院無制限給付特則を付加している場合、約款所定のガン・慢性リウマチ性心疾患・くも膜下出血・腎疾患の治療を直接の原因として入院されたときは無制限となります。
  • ●「通算」の支払限度日数は、無制限です。
  • 注1 女性疾病手術給付金、乳房の観血切除術による女性特定手術給付金、女性疾病放射線治療給付金は、それぞれ約款所定の女性疾病で主契約の手術給付金、放射線治療給付金のお支払事由に該当する診療行為を受けられたときにお受け取りいただけます。また、子宮摘出術・卵巣摘出術による女性特定手術給付金は、病気やケガで主契約の手術給付金のお支払事由に該当する手術を受けられたときにお受け取りいただけます。
  • 注2 同一の日に女性疾病手術給付金のお支払事由に該当する手術と女性特定手術給付金のお支払事由に該当する手術を受けられた場合で、女性特定手術給付金をお支払いするときは、その日に受けられた手術に対しては女性疾病手術給付金はお支払いできません。
  • 注3 女性特定手術給付金は保険期間を通じて、「約款所定の乳房の観血切除術?乳房再建術および卵巣摘出術を受けられた場合は、各乳房・各卵巣につき1回」「約款所定の子宮摘出術を受けられた場合は1回」のお支払いを限度とします。
  • 注4 女性疾病放射線治療給付金が支払われる放射線治療を受けた日からその日を含めて60日以内に受けた放射線治療については、女性疾病放射線治療給付金をお支払いできません。
  • ※女性疾病給付特約(無解約返戻金型)(18)は被保険者が女性の場合に付加できます。

「ガン」「女性特有の病気」「女性に多い病気」とは

女性疾病給付特約(無解約返戻金型)(18)の保障の対象となる女性疾病(「ガン」「女性特有の病気」「女性に多い病気」)には 以下のようなものがあります。

病気の種類 分類項目
ガン 胃ガン、乳ガン、子宮ガン、肺ガン、大腸ガン、白血病、上皮内ガン 等
※女性特有のガンに限りません。
特定の良性新生物 乳房・子宮・卵巣・尿管・膀胱・尿道等の腫瘍(良性新生物)、子宮筋腫 等
女性特有の病気 卵巣機能障害、子宮内膜症 等
女性に多い病気 鉄欠乏性貧血、低血圧症、膀胱炎、甲状腺障害(バセドウ病等)、リウマチ、胆石症、胆のう炎、くも膜下出血 等
妊娠、出産にまつわる症状 早流産、子宮外妊娠、異常分娩による帝王切開、妊娠高血圧症候群、鉗子分娩、吸引分娩 等
  • ※正常分娩、美容整形上の手術、病気を直接の原因としない不妊手術等は、対象とはなりません。
オプション

出産・不妊治療等にしっかり備える

女性サポート給付金付ガン診断給付特約

約款所定の出産・特定不妊治療への備えに加え、ガン(上皮内ガンを含む)と診断確定されたとき、一時金をお受け取りいただけます。特約保険期間は、10年・15年・20年から選択いただけます。

女性疾病入院給付金日額:5,000円の場合

  • 注1 多胎妊娠により複数の子を出産した場合は、それぞれの子について1回の出産として出産給付金をお支払いします。
  • 注2 特約の保険期間を通じて12回のお支払いを限度とします。
  • 注3 第三者への卵子の提供を目的とした採卵や、体外受精または顕微授精の予定がなく、卵子を凍結保存することのみを目的とした採卵等はお支払対象外です。
  • 注4 特定不妊治療給付金は、採卵と胚移植の両方の施術を受けられた場合は、それぞれの施術について1回の特定不妊治療として取り扱います。
  • 注5 責任開始日からその日を含めて90日を経過した日の翌日をガン給付責任開始日として女性サポート給付金付ガン診断給付特約のガンに関する保障を開始します。
  • 注6 ガン診断給付金が支払われることとなった診断確定日または最終の入院の開始日からその日を含めて1年以内に、再度ガン診断給付金のお支払事由に該当した場合には、ガン診断給付金をお支払いしません。
  • 注7 ガン診断給付金が支払われることとなった診断確定日または最終の入院の開始日から、その日を含めて1年を経過した日の翌日にガンにより継続入院中の場合、1年を経過した日の翌日に入院を開始されたものとみなします。
  • 注8 ガン給付責任開始期以後に初めて約款所定の女性特定ガンと診断確定されたときにお支払いします。
  • 注9 特約の保険期間を通じて1回のお支払いを限度とします。
  • 注10 お支払いする満了時給付金額は、払込保険料の合計額よりも必ず少なくなります。
  • ※女性サポート給付金付ガン診断給付特約は、特約保険期間満了後に消滅します。ただし、主契約およびその他の特約は存続します。

ご検討にあたっての注意事項

生命保険契約のご検討に際しては、必ず「契約概要」「注意喚起情報」「ご契約のしおり・約款」をご覧ください。

幅広いニーズにお応えする&LIFE

登2017-A-562(2018.4.2)