トップメッセージ

ごあいさつ

取締役社長 丹保 人重
取締役社長
丹保 人重

日ごろより三井住友海上あいおい生命をお引き立ていただき、誠にありがとうございます。
当社は2016年10月に創立5周年、損保系生保設立からは20周年を迎えました。ご支援ご愛顧を賜りました多くの皆さまに心より深く感謝申し上げます。

2017年度は中期経営計画「Next Challenge 2017 ステージ2」の最終年度となります。「業界トップ水準の品質と飛躍的な成長の実現」に向けて、今年度も確実に取組みを進めてまいります。

品質面では、お客さま目線ですべての業務プロセスにおいて最高品質を実現してまいります。当社はお客さまの申込手続きにおいて、モバイル端末を活用したペーパーレス化を推進していますが、2017年10月には、その場で引受可否・条件を提示することができる「自動医務査定」機能の導入を予定しています。
あわせて、人工知能(AI)やビッグデータなどの活用検討にも取り組み、サービス・利便性向上に努めてまいります。

成長面では、多様化するニーズに応えた魅力ある商品・サービスをご提供することで、少子高齢化、女性の活躍支援および健康増進などの社会的課題の解決に貢献してまいります。
2016年5月に、短期入院から長期入院までの手厚い保障に加え、保険料払込免除特約の保障内容などを充実させた「新医療保険Aプラス」を発売し、販売件数が11か月で17万件を超え、多くのお客さまのご好評をいただきました。
そして、2017年4月には「働けなくなるリスク」への保障を拡充させた新商品「新総合収入保障・新収入保障」を発売しました。

当社は、2017年6月に「お客さま第一の業務運営に関する方針」を公表しましたが、これからもお客さま本位の保険事業を遂行し、お客さま・社会から信頼される企業を目指していきます。
また、 MS&ADインシュアランス グループの国内生保事業を担う中核生保会社として、ERM経営の高度化と経営基盤の強化を通じて企業価値を持続的に拡大してまいります。

今後とも、当社をご愛顧賜りますよう、よろしくお願い申し上げます。

取締役社長 丹保 人重