&LIFE ガン保険スマート &LIFE ガン保険スマート

ガンの診断・入院・手術・通院・抗ガン剤治療等をしっかりサポート。

※「&LIFE ガン保険スマート」は「ガン保険(無解約返戻金型)(18)無配当」の販売名称です。

ご契約例
  • ガン保険(無解約返戻金型)(18)無配当
  • 保険期間・保険料払込期間 : 終身
主契約
  • ガン入院給付金(日額1万円)
  • ガン手術給付金(1回につき20万円)
特約(オプション)
  • ガン診断給付特約(無解約返戻金型)(18)(100万円)
  • ガン治療通院給付特約(無解約返戻金型)(ガン入院給付金日額1万円×通院日数)
  • ガン先進医療特約(無解約返戻金型)(18)(技術料と交通費・宿泊費)
  • 抗ガン剤治療給付特約(無解約返戻金型)(18)(月額10万円)
  • ガン退院療養給付特約(無解約返戻金型)(18)(20万円)
  • ガン死亡保障特約(無解約返戻金型)(18)(100万円)

1大腸の上皮内ガンと診断確定。
3日間入院し、内視鏡手術を受けた。

ガン診断給付金100万円+ガン入院給付金5万円+ガン手術給付金20万円=合計125万円

21年経過後、肺ガンにより20日間入院し手術を受けた。退院後、再発防止のため、6か月間の術後薬物療法(抗ガン剤治療)を受けた(月に1回通院)。

ガン診断給付金100万円+ガン入院給付金20万円+ガン手術給付金20万円+ガン退院療養給付金20万円+ガン治療通院給付金6万円+抗ガン剤治療給付金60万円=合計226万円
給付金合計351万円

よくあるご質問

Q1ガンの保障っていつから始まるの?

Aガンに関する保障は、ご契約後、一定期間を経過した後に開始します。

ガンに関する保障の開始(ガン給付責任開始期)は責任開始日からその日を含めて90日を経過した日の翌日(91日目)からとなります。

  • 注 三井住友海上あいおい生命がご契約の「お申込みを受けた時」または「告知の時」のいずれか遅い時から保険契約上の保障を開始します。この保障を開始する時を責任開始期といい、その責任開始期の属する日を責任開始日といいます。

Q2ガン保険スマートに加入するのに医師の診査は必要?

Aいいえ。告知書のご提出のみでお申込みいただけます。

健康状態に関する告知は3項目です。下記の告知項目がすべて「いいえ」であればお申込みいただけます。

  • [1]今までに、ガンにかかったことがありますか。(ガンには、肉腫、白血病、悪性リンパ腫、骨髄腫、上皮内ガンを含む)
  • [2]過去5年以内に、三井住友海上あいおい生命所定の病気(またはその病気の疑い)や所見・病状で、医師の診察・検査・治療・投薬のいずれかを受けたことがありますか。
  • [3]過去2年以内に、健康診断・人間ドック・ガン検診のいずれかを受けて、三井住友海上あいおい生命所定の検査結果の異常(要再検査・要精密検査・要治療)を指摘されましたか。
  • ※お申込みいただける場合でも、申込歴や給付金支払歴等によっては、お引き受けできない場合があります。

Q3給付金が支払われない場合があるの?

Aたとえば次のような場合には、給付金等をお支払いできません。

給付金等をお支払いできない場合
ガンの保障が始まる前(ガン給付責任開始期前)に、ガンと診断確定された場合 ご契約後に健康診断で胃の異常を指摘され、精密検査の結果、ガン給付責任開始期前に胃ガンと診断確定されたとき
  • ※ご契約者・被保険者がガンと診断確定された事実を知っていると知っていないとにかかわらず、ご契約は無効になります。
故意または重大な過失により事実を告知されなかったり、 事実と違うことを告知され、「告知義務違反」としてご契約 が解除されたとき ご契約前の「慢性肝炎」での通院について、告知書に正しく告知せず加入し、 ご契約1年後に「慢性肝炎」を原因とする「肝臓ガン」で入院されたとき
第1回保険料のお払込みがなく、ご契約が無効となったとき
保険料のお払込みがなく、ご契約が失効していたとき
お支払対象とならない手術を受けられたとき (ガン手術給付金の場合)
  • ・大腸のポリープ(良性)の摘出術
  • ・診断・検査(生検(せいけん)、腹腔鏡検査等)のための手術 等
ガンの治療以外の目的での入院や、入院の必要がない場合、医師のもとで治療に専念していない場合 等 肺ガンで通院治療中に、急性心筋梗塞の治療を目的とする入院をされたとき
  • ※詳細は「ご契約のしおり・約款」をご確認ください。

Q4ガン治療通院給付金の受け取りイメージを教えてほしい

A下記をご覧ください。

ガン治療通院給付金のお受け取りイメージ

支払対象期間中に再発・転移・新たなガンが発生し、ガンの治療を目的とした通院をされた場合でも保障します(検査や経過観察のための通院は除きます)。

Q5本人がガンと知らないときは給付金を請求できないの?

A代理請求人が被保険者に代わってガン入院給付金等を請求いただけます。

ガン入院給付金等は通常被保険者ご本人に請求いただきますが、被保険者がガンと知らされていない場合等ガン入院給付金等を請求することができない特別な事情があるときは、代理請求人がガン入院給付金等を請求することができます。

代理請求人の種類
指定代理請求人 代理請求人
ご契約者が被保険者の同意を得て、約款所定の範囲内であらかじめ指定した方。例:被保険者の配偶者、親、子、兄弟姉妹 等 指定代理請求人が指定されていない場合、または指定代理請求人が代理請求することができない特別な事情がある場合に、被保険者との関係が約款所定の範囲内である方。

Q6上皮内ガンとは何ですか?

A上皮内ガンとは、ガン細胞が上皮内(大腸(結腸・直腸)の場合は粘膜の中)にとどまっており、それ以上浸潤していないごく早期のガンのことをいいます。

  • ※この保険の対象となるガンは、約款別表に記載された悪性新生物および上皮内新生物です。詳細は「ご契約のしおり・約款」によりご確認ください。

ご検討にあたっての注意事項

生命保険契約のご検討に際しては、必ず「契約概要」「注意喚起情報」「ご契約のしおり・約款」をご覧ください。

幅広いニーズにお応えする&LIFE

2018-A-0247(2018.9.2)