三井住友海上あいおい生命
先進医療ナビTOP先進医療の基礎知識先進医療を探す 本サイトに関するお問い合わせ監修者の紹介
先進医療検索ナビ サイトマップ
先進医療ナビ 先進医療を探す
基本情報
先進医療技術名

ゲムシタビン静脈内投与、ナブ-パクリタキセル静脈内投与およびパクリタキセル腹腔内投与の併用療法 *
(げむしたびんじょうみゃくないとうよ、なぶ‐ぱくりたきせるじょうみゃくないとうよおよびぱくりたきせるふくくうないとうよのへいようりょうほう)

適応症

腹膜播種(はしゅ)を伴う膵臓がん

療養内容

胃や腸など、腹部の臓器は腹膜という膜に包まれています。膵臓を含め、腹部の臓器にできたがんが、臓器の壁を突き破ってしまった場合、腹膜の中に、種をまいたようにがん細胞が飛び散ってしまうことがあります。これが腹膜播種です。腹膜播種があると、抗がん薬を内服したり血管に注入するだけでは、治療効果が出にくいとされています。 この先進医療では、抗がん薬のゲムシタビンとナブ-パクリタキセルをどちらも点滴で静脈内に投与し、さらに抗がん薬のパクリタキセルを腹腔内、すなわち腹膜の中に点滴で投与します。腹腔内に抗がん薬を直接投与することで、腹膜の中に飛び散ったがん細胞にも薬の成分が届きやすくなります。
従来の治療法であるゲムシタビン単独投与に比べて、ゲムシタビンとナブ-パクリタキセルを併用すると治療効果が上がるとされています。パクリタキセルの腹腔内投与とほかの抗がん薬との併用でも治療成績の向上が報告されています。
一方、膵臓がんは早期発見が難しく、切除手術の適応とならない状態で見つかることが多いのが実情です。このため、抗がん薬などの薬剤による治療にいっそう大きな期待がかかっています。この先進医療による「ゲムシタビンとナブ‐パクリタキセルの静脈内投与」「パクリタキセルの腹腔内投与」の併用で、従来の治療法に比べて生存期間の延長やQOL(生活の質)の改善をはじめとする治療成績の向上が期待されます。

療養の分類

薬物療法

部位の分類 消化器系
悪性腫瘍(がん)の分類 消化器系のがん


実施医療機関
 
都道府県 医療機関名 所在地 電話番号
東京都 東京大学医学部附属病院 〒113-8655
文京区本郷7-3-1
03-3815-5411
ページトップへ
先進医療の分類に戻る前のページ