三井住友海上あいおい生命
先進医療ナビTOP先進医療の基礎知識先進医療を探す 本サイトに関するお問い合わせ監修者の紹介
先進医療検索ナビ サイトマップ
先進医療ナビ 先進医療を探す
基本情報
先進医療技術名

陽子線治療 *
(ようしせんちりょう)

適応症

肝細胞がん(初発のものであって、肝切除術、肝移植術、エタノールの局所注入、マイクロ波凝固法またはラジオ波焼灼療法による治療が困難であり、かつチャイルド・ピュー分類による点数が七点未満のものに限る。)

療養内容

肝細胞がんは肝臓そのものの細胞ががんになるものです。肝臓のがんにはこのほか、胆汁を十二指腸に流す管の細胞のがんなども含まれますが、ほとんどは肝細胞がんのため、通常、肝臓がんといえば肝細胞がんを指します。
肝細胞がんに対する治療には、がんとその周辺の肝臓の組織を取り除く肝切除術をはじめ、アルコールの化学作用によってがんを死滅させるエタノールの局所注入、マイクロ波という高周波の電磁波をあててがんを凝固させるマイクロ波凝固法、がんに刺した針の先端部に高熱を発生させてがんを焼いて死滅させるラジオ波焼灼療法、そして肝移植術などがあります。ただし、再発率が高く、治癒の目安となる5年生存率も、ほかのがんと比べて低めなのが現状です。
この先進医療では、肝切除などの上記の治療が困難で、チャイルド・ピュー分類という、肝機能障害の程度を示す点数が7点未満、すなわち肝機能の障害が軽度にとどまっている、初発の肝細胞がんの患者さんを対象に、陽子線治療を行うものです。
陽子線治療は、水素の原子核である陽子を加速してがんにぶつけ、がん細胞を死滅させる治療です。がん病巣で最大効果を発揮できるように調整が可能なうえ、正常組織へのダメージが小さく、合併症が少ないのが特徴です。肝細胞は放射線に弱いことが知られており、がんをピンポイントに攻撃できるこのような性質は、肝細胞がん治療に適しているといえます。これにより、5年生存率の向上など、治療効果の改善が期待されます。

療養の分類

放射線療法

部位の分類 消化器系
悪性腫瘍(がん)の分類 消化器系のがん


実施医療機関
 
都道府県 医療機関名 所在地 電話番号
北海道 北海道大学病院 〒060-8648
札幌市北区北14条西5
011-716-1161
福島県   一般財団法人脳神経疾患研究所附属 
南東北がん陽子線治療センター
〒963-8052
郡山市八山田7-172
024-934-3888
茨城県   筑波大学附属病院 〒305-8576
つくば市天久保2-1-1
029-853-3900
千葉県   国立研究開発法人
国立がん研究センター東病院
〒277-8577
柏市柏の葉6-5-1
04-7133-1111
福井県   福井県立病院 
陽子線がん治療センター
〒910-8526
福井市四ツ井2丁目8-1
0776-57-2980
長野県   相澤病院 陽子線治療センター 〒390-8510
松本市本庄2-5-1
0263-33-8640
静岡県   静岡県立静岡がんセンター 〒411-8777
駿東郡長泉町下長窪1007番地
055-989-5222
愛知県   名古屋市立西部医療センター 〒462-8508
名古屋市北区平手町1-1-1 
052-991-8121
兵庫県   兵庫県立粒子線医療センター 〒679-5165
たつの市新宮町光都1-2-1
0791-58-0100
岡山県   津山中央病院 〒708-0841
津山市川崎1756
0868-21-8111
鹿児島県   一般社団法人メディポリス医学研究所
メディポリス国際陽子線治療センター
〒891-0304
指宿市東方5188
0993-23-5188
ページトップへ
先進医療の分類に戻る前のページ