三井住友海上あいおい生命
先進医療ナビTOP先進医療の基礎知識先進医療を探す 本サイトに関するお問い合わせ監修者の紹介
先進医療検索ナビ サイトマップ
先進医療ナビ 先進医療を探す
基本情報
先進医療技術名

内視鏡下手術用ロボットを用いた腹腔鏡下広汎子宮全摘術 *
(ないしきょうかしゅじゅつようろぼっとをもちいたふくくうきょうかこうはんしきゅうぜんてきじゅつ)

適応症

子宮頸がん(FIGOによる臨床進行期分類がTB期以上およびUB期以下の扁平上皮がん、またはFIGOによる臨床進行期分類がTA2期以上およびUB期以下の腺がんであって、リンパ節転移および腹腔内臓器に転移していないものに限る。)

療養内容

子宮頸がんは子宮の入り口の子宮頸部と呼ばれる部分に発生するがんです。若い患者さんも珍しくなく、患者数は20歳代後半から増え始めます。
根治を目指して子宮を広範囲に全摘出する手術は、早期の子宮頸がんに対する最も一般的な治療法です。しかし、子宮頸がんに対する開腹手術は、他のがんなどに対する開腹手術と比べて出血量が多く、患者さんの身体的な負担が大きいとされてきました。腹腔鏡を使った手術では、開腹手術よりは少ない出血量にとどまり、術後の痛みも軽くすむようになりました。それでも、腹腔鏡だけでは、狭く深い部位での手術にもかかわらず、平面(二次元)的な視野で行うため、難易度の高い手術には違いありませんでした。
この先進医療は、比較的早期の子宮頸がんに対して、手術用ロボットであるダヴィンチを使って、腹腔鏡により子宮を広い範囲にわたって全摘出するものです。
ダヴィンチを使用することで、立体的(三次元)視野のもとで手術操作ができ、手術する部位に挿入された鉗子(かんし)の先端部を広範囲に自由に動かせる関節機能をもつことができます。小さな傷口により、手術に伴う出血量を抑えられます。さらに、10倍に拡大された視野で手術操作を行えるため、傷つけてはいけない神経や血管などを確認しやすく、尿管を引きはがしたり、子宮動脈を引きはがして結んだりする操作を確実に行うことができます。欧米での多くの手術実績の報告を見ても、患者さんの身体的な負担を軽減し確実性や機能性に優れるなど、多くの利点が得られることが期待されます。

療養の分類 外科療法
部位の分類 生殖器系
悪性腫瘍(がん)の分類 女性生殖器のがん


実施医療機関
 
都道府県 医療機関名 所在地 電話番号
青森県 弘前大学医学部附属病院 〒036-8563
弘前市本町53
0172-33-5111
茨城県 筑波大学附属病院 〒305-8576
つくば市天久保2-1-1
029-853-3900
東京都 東京医科大学病院 〒160-0023
新宿区西新宿6-7-1
03-3342-6111
  昭和大学病院 〒142-8666
品川区旗の台1-5-8
03-3784-8000
神奈川県 横浜市立大学附属病院 〒236-0004
横浜市金沢区福浦3-9
045-787-2800
静岡県   静岡県立総合病院 〒420-8527
静岡市葵区北安東4-27-1
054-247-6111
愛知県   豊橋市民病院 〒441-8570
豊橋市青竹町字八間西50
0532-33-6111
京都府 京都大学医学部附属病院 〒606-8507
京都市左京区聖護院川原町54
075-751-3111
大阪府   近畿大学医学部附属病院 〒589-8511
大阪狭山市大野東377-2
072-366-0221
島根県   島根大学医学部附属病院 〒693-8501
出雲市塩冶町89-1
0853-23-2111
鹿児島県   鹿児島大学病院 〒890-8520
鹿児島市桜ヶ丘8-35-1
099-275-5111
ページトップへ
先進医療の分類に戻る前のページ