三井住友海上あいおい生命
先進医療ナビTOP先進医療の基礎知識先進医療を探す 本サイトに関するお問い合わせ監修者の紹介
先進医療検索ナビ サイトマップ
先進医療ナビ 先進医療を探す
基本情報
先進医療技術名

ハイパードライヒト乾燥羊膜を用いた外科的再建術 *
(はいぱーどらいひとかんそうようまくをもちいたげかてきさいけんじゅつ)

適応症

再発翼状片(増殖組織が角膜輪部を超えるものに限る。)

療養内容 翼状片は、白目の一部が黒目に伸びてきたように見える病気です。これは、白目の表面をおおっている結膜の下のテノン嚢(のう)の線維芽細胞が異常増殖して、黒目の表面の角膜に侵入して発症します。 翼状片は、重症化すると、不正乱視や矯正視力の低下を招く恐れがあり、根本治療には手術が必要です。さらに、手術しても再発することが多く、とくに若年者に発症した場合には再発の可能性がきわめて高いとされています。再発すると、結膜嚢が縮んだり目を動かす筋肉との癒着により、目の動きが制限される眼球運動障害が起こるなど、QOL(生活の質)が著しく低下します。 再発翼状片に対してこれまでは、患者さん自身の正常な結膜を移植する治療が行われており、結膜移植が難しい場合には、妊婦さんから提供してもらい凍結保存しておいた羊膜を使って治療してきました。しかし、羊膜の機能を保持するために−80℃という特別な冷凍保存や、毒性のある保存液を必要としていました。 この先進医療は、再発翼状片の患者さんに対して、従来の羊膜に代わり、ハイパードライヒト乾燥羊膜(HD羊膜)を用いて外科的再建を行うものです。 HD羊膜は、真空・遠赤外線・マイクロウェーブを組み合わせた新規乾燥法で作製します。抗炎症効果や、結膜などの修復に必要な細胞の伸展を促進させる効果をもっており、滅菌処理により感染リスクが著しく軽減された安全な材料です。従来の羊膜のような冷凍保存やそのための装置、毒性のある保存液を使わずに済みます。 切除した再発翼状片の部位にHD羊膜を添付して、テノン嚢からの線維芽細胞の再度の伸展を抑制します。その結果、結膜嚢が縮んだり、目を動かす筋肉との癒着を防止して、術後の眼球運動障害の回避が期待されます。
療養の分類 外科療法
部位の分類 感覚器系


実施医療機関
 
都道府県 医療機関名 所在地 電話番号
秋田県   秋田大学医学部附属病院 〒010-8543
秋田市広面字蓮沼44-2
018-834-1111
山形県   山形大学医学部附属病院 〒990-9585
山形市飯田西2-2-2
023-633-1122
東京都   東邦大学医療センター大森病院 〒143-8541
大田区大森西6-11-1
03-3762-4151
富山県 富山大学附属病院 〒930-0194
富山市杉谷2630
076-434-2281
福井県 福井大学医学部附属病院 〒910-1193
吉田郡永平寺町松岡下合月23-3
0776-61-3111
島根県 松江赤十字病院 〒690-8506
松江市母衣町200
0852-24-2111
高知県 高知大学医学部附属病院 〒783-8505
南国市岡豊町小蓮185番地1
088-866-5811
長崎県 長崎大学病院 〒852-8501
長崎市坂本1-7-1
095-819-7200
ページトップへ
先進医療の分類に戻る前のページ