三井住友海上あいおい生命
先進医療ナビTOP先進医療の基礎知識先進医療を探す 本サイトに関するお問い合わせ監修者の紹介
先進医療検索ナビ サイトマップ
先進医療ナビ 先進医療を探す
基本情報
先進医療技術名

内視鏡的胃局所切除術
(ないしきょうてきいきょくしょせつじょじゅつ)

適応症

胃粘膜下腫瘍(長径が1.1cm以上であり、かつ、3cm以下のものに限る。)

療養内容

胃壁は、内側から粘膜、粘膜下層、固有筋層、漿膜(しょうまく)下層、漿膜の5層に分かれています。胃の粘膜から発生する胃がんとは異なり、胃の粘膜の下にできた腫瘍を総称して「胃粘膜下腫瘍」と呼びます。
胃粘膜下腫瘍は良性のものと悪性のものがあり、悪性の可能性が高い場合には、開腹手術や、腹部に小さな穴を開けて行う腹腔鏡手術によって腫瘍の切除を行います。これらの手術は、胃の外側から腫瘍の正確な位置を把握することが困難なため、胃壁を大きめに切除する必要があります。
その問題点を解消するため、近年、腹部から挿入した腹腔鏡と、口から挿入した内視鏡を用いて、胃の内外から腫瘍と胃壁を全層切除し、腹腔鏡で傷口を縫合する手術(腹腔鏡・内視鏡合同手術)が開発され、健康保険が適用されるようになりました。
この先進医療では、長径1.1cm以上、かつ3cm以下の胃粘膜下腫瘍に対して、口から挿入した内視鏡のみを用いて腫瘍を切除します。腫瘍が胃壁の浅い層にある場合は腫瘍の切除のみを行い、腫瘍が胃壁の深い層にある場合は腫瘍とともに胃壁を全層切除し、傷口の縫合も内視鏡で行います。腫瘍の切除から縫合までの過程を内視鏡で行うため、開腹手術や腹腔鏡手術のように体表に傷をつけることがなく、切除する胃壁の範囲も最小限にとどめられます。この先進医療により、胃粘膜下腫瘍の患者さんの体にかかる負担が軽減されることが期待されます。

療養の分類 外科療法
部位の分類

消化器系

悪性腫瘍(がん)の分類 消化器系のがん


実施医療機関
 
都道府県 医療機関名 所在地 電話番号
北海道 札幌医科大学附属病院 〒060-8543
札幌市中央区南1条西16-291
011-611-2111
大阪府 地方独立行政法人大阪府立病院機構
大阪国際がんセンター
〒541-8567
大阪市中央区大手前3-1-69
06-6945-1181
兵庫県 明石医療センター 〒674-0063
明石市大久保町八木743-33
078-936-1101
ページトップへ
先進医療の分類に戻る前のページ