三井住友海上あいおい生命
先進医療.net
先進医療ナビTOP先進医療の基礎知識先進医療を探す 本サイトに関するお問い合わせ監修者の紹介
先進医療検索ナビ サイトマップ

先進医療ナビ 先進医療の基礎知識
先進医療は、高額になるの?―先進医療にかかわる費用は全額自己負担です

 先進医療を受けたときの費用は次のように取り扱われ、患者さんは一般の保険診療の場合と比べ、多くの金額を自己負担することになります。

(1) 先進医療にかかわる費用は患者さんが全額自己負担することになります
先進医療にかかわる費用は、医療技術の種類や医療機関によって異なります。
(2) 先進医療にかかわる費用以外の、通常の治療と共通する部分(診察・検査・投薬・入院等)の費用は、 一般の保険診療と同様に扱われます
一般の保険診療と共通する部分は保険給付され、 公的医療保険制度における一部負担金を支払います。
先進医療にかかわる費用の部分は、高額療養費制度が適用されません。公的医療保険が適用される検査や治療を受けた場合、
1か月ごとの医療費の自己負担には限度額が設けられており、その限度額を超えた額が「高額療養費」として支給されます。自己負担限度額は、所得に応じた区分によって計算されます

図:総医療費が100万円、うち先進医療にかかわる費用が20万円だったケース

具体的には、これぐらいの金額になります
主な先進医療の1件あたりの費用(各先進医療について、先進医療部分にかかわる費用の年間総金額を年間実施件数で割った数値)
技 術 名

先進医療の
1件あたりの費用

平均
入院期間

重粒子線治療
(頭頚部腫瘍、肺・縦隔腫瘍、消化管腫瘍、肝胆膵腫瘍、泌尿器腫瘍、乳腺・婦人科腫瘍又は転移性腫瘍(いずれも根治的な治療法が可能なものに限る。))

3,086,341円 12.1日

陽子線治療
(頭頚部腫瘍(脳腫瘍を含む。)、肺・縦隔腫瘍、骨軟部腫瘍、消化管腫瘍、肝胆膵腫瘍、泌尿器腫瘍、乳腺・婦人科腫瘍又は転移性腫瘍(いずれも根治的な治療法が可能なものに限る。))

2,680,805円 13.0日
多焦点眼内レンズを用いた水晶体再建術
(白内障)
535,218円 1.2日
内視鏡下甲状腺悪性腫瘍手術
(甲状腺がん(未分化がんを除き、甲状腺皮膜浸潤および明らかなリンパ節腫大を伴わないものに限る。))
267,016円 6.9日
腹腔鏡下広汎子宮全摘術
(子宮頸がん(ステージがI A2期、I B1期またはII A1期の患者に係るものに限る。))
732,109円 12.7日

第38回先進医療会議資料 「平成27年度実績報告(平成26年7月1日〜平成27年6月30日)」をもとに当社試算

登2016-A-118 (2016.8.22)
前のページ 次のページ