三井住友海上あいおい生命
先進医療ナビTOP先進医療の基礎知識先進医療を探す 本サイトに関するお問い合わせ監修者の紹介
先進医療検索ナビ サイトマップ
先進医療ナビ 先進医療を探す
基本情報
先進医療技術名

重粒子線治療 *
(じゅうりゅうしせんちりょう)

適応症

直腸がん(術後に再発したものであって、骨盤内に限局するものに限る。)

療養内容

大腸の中でも、肛門のすぐ上にある直腸にできたがんが切除手術後に再発し、改めて外科的に切除する場合、がんの広がりを考慮し、がん病巣と十分な距離を置いて切除する必要があります。この手術は多くの場合、膀胱など骨盤内の臓器をすべて摘出するような大掛かりなものになりがちです。
当然、患者さんへの身体的な負担は大きく、手術に伴う感染症などの合併症もしばしば確認され、死亡例も少なくないことから、手術の代償があまりに大きいとの指摘があります。このため、再発事例に対しては放射線治療が行われるケースが多くなっていますが、従来のX線治療では十分な治療効果は得られず、痛みを抑えることが中心となっているのが現状です。
これに対して重粒子線治療は、がん病巣の位置に合わせて、放出するエネルギーをコントロールすることができ、がん病巣で最大の力を発揮するように照射すると、周囲の臓器をほとんど傷つけずにピンポイントにがん細胞を死滅させることができると考えられています。しかも重粒子線は、X線治療が効きにくいとされた難治性腫瘍に対しても優れた効果を示すという報告があります。このため、放射線の影響を受けやすい臓器に囲まれた直腸がんの再発例に対しても、患者さんの体への負担は少なく、高い治療効果が得られる可能性があるとされています。
この先進医療は、切除手術後に再発した直腸がんのうち、遠隔転移がなく骨盤内にとどまっているケースに対して重粒子線治療を行うものです。従来の外科手術やX線治療に比べ、患者さんの体への負担を軽減したうえで、がんに対する治療効果を高めることで、生存率の延長などが期待されます。

療養の分類

放射線療法

部位の分類

消化器系

悪性腫瘍(がん)の分類

消化器系のがん



実施医療機関
 
都道府県 医療機関名 所在地 電話番号
群馬県   群馬大学医学部附属病院 〒371-8511
前橋市昭和町3-39-15
027-220-7111
神奈川県 神奈川県立がんセンター 〒241-8515
横浜市旭区中尾2-3-2
045-520-2222
兵庫県 兵庫県立粒子線医療センター 〒679-5165
たつの市新宮町光都1-2-1
0791-58-0100
ページトップへ
先進医療の分類に戻る前のページ