立ちどまらない保険。MS&AD 三井住友海上あいおい生命

お客さまの安心のために生活習慣の改善をサポートします。

生活習慣改善支援プログラム

脳卒中等の脳血管疾患を発症して、治療・リハビリを経たあとでも、やはり心配なのは「再発したらどうしよう」ということ。例えば、脳卒中の発症には生活習慣が大きく影響するため、まずはご自身の生活習慣や再発率を高める危険因子を理解し、お身体の状況に合わせて生活習慣の適切な改善策を実施することが大切です。

脳卒中等の発症後のイメージ図

脳卒中を発症し、再発する場合のイメージ図

再発率を高める主な生活習慣・危険因子

脳卒中等の再発を予防するためには、再発率を高める危険因子を正しく理解することが大切です。
日常生活の中でこれらを減らすよう心掛けることが、再発リスクを減らす第一歩となります。

高血圧 糖尿病 脂質異常症
肥満・暴飲暴食 喫煙 運動不足
過度の飲酒 過度のストレス  
主な改善方法
食生活の見直し

減塩や食事バランスの適正化などを心がけ、食生活を正すことが大切です。

運動習慣の見直し

運動をすることで血管の状態をしなやかに保ち、その他の再発危険因子の改善にもつながります。

処方薬の正しい服用

医師から処方された薬は継続して飲み続け、自己判断はせず、服用期間を守ることが大切です。

監修 株式会社PREVENT
脳卒中を発症し、再発する場合のイメージ図
再発予防に取り組みたいけれど、
「具体的にどうすればよいかわからない」「ひとりでは続かない・・・」
「すぐ相談できる人がいない」など不安がある方は専門家に相談することもおすすめです。
生活習慣改善支援プログラム

1.医療専門者による個別支援

  • ●生活習慣・お身体の状態に合わせて、一人ひとりに生活習慣改善支援プログラムを作成します。
  • ●生活習慣の改善を医療専門者が、電話面談やチャット機能によりアドバイスします。

2.医療専門者とのやりとりはご自身のスマートフォンを活用

  • ●専用アプリをダウンロードしていただきます(サービスのご利用にはスマートフォンが必要です)。

3.毎日の行動目標・結果を専用アプリ内で記録・管理

  • ●プログラムの目標や毎日の生活習慣を明確に認識するために、日々のライフログ(塩分摂取量、血圧値、体重、歩数等)をアプリ内で記録・管理します。
  • ●主治医にプログラムの経過を連携することで、適切なリハビリ・治療の参考にします。
  • ※ライフログを記録するための機器(腕時計型活動量計と簡易食塩摂取量測定器)を貸与します。なお、必要に応じて血圧と体重はお客さまにて毎日測定できる環境が必要です。

4.健康づくりに関する情報提供

  • ●生活習慣病等に関する正確な情報提供や、クイズ等を用いて健康づくりの学習をします。

生活習慣改善支援プログラム(イメージ図)

脳血管疾患の再発予防のための生活習慣の改善をサポート!

  • ・本プログラムは、「名古屋大学大学院(保健学)山田研究室」の動脈硬化性疾患の再発予防研究によるエビデンスとノウハウに基づいて構成されています。
  • ・本プログラムは、6か月間のプログラムです。
  • ・本プログラムのご利用には主治医の承諾が必要です。
ご利用いただける方(ご利用対象者)
以下のすべてに該当する場合
  • &LIFE 新医療保険Aプレミア(三大疾病入院一時給付特約(無解約返戻金型)(18)付)にご加入し、「脳血管疾患」を原因として、三大疾病入院一時給付金をお受け取りいただいた場合
    または、無配当総合福祉団体定期保険、総合福祉団体定期保険(当社単独契約または幹事契約)にご契約の法人のお客さま
  • 「脳血管疾患」を発症し医療機関での治療が始まっている方で、現在服薬治療を実施している場合
    • 以下の場合は対象外です。
      ・保険契約が解約されている場合、消滅している場合
      ・透析治療を受けられている方、日常生活に介助を要する方、心停止の既往がある方 等
  • ※本プログラムは、お客さまの生活習慣改善をサポートするものであり医療行為ではありません。
  • ※本プログラムは、三井住友海上あいおい生命の保険商品の保障の一部ではありません。当社が提携する(株)PREVENTが有償で提供します。
  • ※記載の内容は2018年4月現在のものであり、予告なく内容変更・提携会社の変更、中止・終了する場合があります。
  • ※申込受付の際には、ご契約の「証券番号」を確認させていただきます。
  • ※海外からのご利用はできません。
  • ※「&LIFE 新医療保険Aプレミア」は「低・無解約返戻金選択型医療保険(18) 無配当」の販売名称です。

閉じる

2018-A-0992(2019.3.4)

ページトップに戻る