三井住友海上あいおい生命
先進医療ナビTOP先進医療の基礎知識先進医療を探す 本サイトに関するお問い合わせ監修者の紹介
先進医療検索ナビ サイトマップ
先進医療ナビ 先進医療を探す
基本情報
先進医療技術名

細菌または真菌に起因する難治性の眼感染疾患に対する迅速診断(PCR法)
(さいきんまたはしんきんにきいんするなんちせいのがんかんせんしっかんにたいするじんそくしんだん・ぴーしーあーるほう)

適応症

前房蓄膿、前房フィブリン、硝子体混濁または網膜病変を有する眼内炎

療養内容 目の中に膿がたまる、目の中にフィブリン(糊状の物質)が出てくる、硝子体(目の中のゼリー状の組織)が濁る、網膜に病変があるといった症状を伴う眼内炎(目の中の炎症)では、細菌や真菌の感染が疑われます。目の手術の際に傷口から感染するほか、免疫力が低下していたり、治療のために血管内にカテーテルが挿入されている場合などに、感染が起こることがあります。細菌感染は数時間から数日、真菌感染では数日から数週間で失明する恐れがあるため、早急に検査を行い、適切な治療を開始しなければなりません。
細菌や真菌を培養する従来の検査法は、公的医療保険が適用されますが、診断精度が低く、菌が存在しても陽性率は40%ほどと低く確定診断に至らないため、医師の経験に基づいて治療を行わなければならないケースが数多くあります。また、検査の結果が出るまでに3日程度もしくはそれ以上の時間がかかり、治療が遅れる可能性があります。
この先進医療は、前房水(目の中を循環する液体)や硝子体から抽出したDNAをもとに、細菌や真菌を検出するものです。陽性になる確率が80〜90%と高く、結果が出るまでの時間が100〜130分と迅速で、死んだ細菌や真菌でもDNAが採取できていれば陽性になります。これにより、早期に抗菌薬や抗真菌薬の投与、手術といった適切な治療を始めることができ、失明の予防につながることが期待されます。また、検査で細菌や真菌の感染が否定された場合は、抗菌薬や抗真菌薬以外の治療に移行でき、過剰あるいは不要な薬の投与を避けることができます。
療養の分類 検査・診断・評価
部位の分類 感覚器系


実施医療機関
 
都道府県 医療機関名 所在地 電話番号
宮城県 東北大学病院 〒980-8574
仙台市青葉区星陵町1-1
022-717-7000
群馬県 群馬大学医学部附属病院 〒371-8511
前橋市昭和町3-39-15
027-220-7111
東京都 東京医科歯科大学医学部附属病院 〒113-8519
文京区湯島1-5-45
03-3813-6111
  東京大学医学部附属病院 〒113-8655
文京区本郷7-3-1
03-3815-5411
福井県 福井大学医学部附属病院 〒910-1193
吉田郡永平寺町松岡下合月23-3
0776-61-3111
鳥取県 鳥取大学医学部附属病院 〒683-8504
米子市西町36-1
0859-33-1111
島根県   島根大学医学部附属病院 〒693-8501
出雲市塩冶町89-1
0853-23-2111
大分県 大分大学医学部附属病院 〒879-5593
由布市挾間町医大ヶ丘1-1
097-549-4411
ページトップへ
先進医療の分類に戻る前のページ