立ちどまらない保険。MS&AD 三井住友海上あいおい生命

保険料払込免除特約

保険料払込免除特約を付加することで、主契約の保険料払込期間中に、以下の保険料払込免除事由に該当した場合には、以後の保険料のお払込みは不要になります。

1約款所定の特定疾病(悪性新生物(ガン)・急性心筋梗塞・脳卒中)になられたとき

約款所定の特定疾病

約款所定の特定疾病とは次のいずれかをいいます。

悪性新生物(ガン)

責任開始期前を含めて初めて悪性新生物(ガン)にかかったと医師によって診断確定されたとき
ただし次の場合を除きます

  • 上皮内ガン
  • 悪性黒色腫以外の皮膚ガン
  • 責任開始日からその日を含めて90日以内に診断確定された乳ガン
急性心筋梗塞

初めて医師の診療を受けた日からその日を含めて60日以上、労働の制限を必要とする状態が継続したと医師によって診断されたとき(狭心症等は除く)

脳卒中

初めて医師の診療を受けた日からその日を含めて60日以上、言語障害等の他覚的な神経学的後遺症が継続したと医師によって診断されたとき(くも膜下出血、脳内出血、脳梗塞が対象)

2約款所定の特定障害状態になられたとき

約款所定の特定障害状態
国民年金における障害基礎年金の障害等級1級に相当する状態です。
障害等級1級とは? 身の回りのことはかろうじてできるが、それ以上の活動はできない状態をいいます。
日常生活でいえば活動の範囲が、概ね寝室内(ベッド周辺)に限られている状態です。

約款所定の特定障害状態とは、下記のいずれかに該当する状態にあり、かつ、その状態が永続的に回復しない状態をいいます。

病気・ケガを問わず
  • 両眼の視力の和が0.04以下(矯正後)のもの
  • 両耳の聴力レベルが100デシベル以上のもの
  • 両上肢の機能に著しい障害を有するもの
  • 両上肢のすべての指を欠くもの
  • 両上肢のすべての指の機能に著しい障害を有するもの
  • 両下肢の機能に著しい障害を有するもの
  • 体幹の機能に座っていることができない程度または立ち上がることができない程度の障害を有するもの
  • 前記に掲げるもののほか、身体の機能の障害または長期にわたる安静を必要とする病状が前記と同程度以上と認められる状態であって、日常生活の用を弁ずることを不能ならしめる程度のもの
  • 精神の障害であって、前記と同程度以上と認められる程度のもの
  • 身体の機能の障害もしくは病状または精神の障害が重複する場合であって、その状態が前記と同程度以上と認められる程度のもの

3約款所定の要介護状態が180日以上継続していることが医師によって診断確定されたとき

約款所定の要介護状態

約款所定の要介護状態とは、病気・ケガを問わず、次の(1)または(2)に該当する場合をいいます。

(1)次のA+Bに該当する場合 A:常に寝たきり状態で、ベッド周辺の歩行が自分ではできない B:次のいずれかの2つ以上に該当して、他人の介護が必要 ●衣服の着脱が自分ではできない●食物の摂取が自分ではできない●入浴が自分ではできない●大小便の排泄後の拭き取り始末が自分ではできない (2)認知症と診断確定され、他人の介護が必要な場合(注2)

  • 注 約款所定の要介護状態の判定基準は、公的介護保険制度の要介護認定基準とは異なります。

登2017-A-490(2018.4.2)

閉じる